国際琉球・沖縄研究学会ホームページ
 
 
About IAROS

国際琉球・沖縄学会についてのお知らせとお願い

2010年4月30日 J. クラナー 住 谷 一 彦

謹啓

 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 この度は、国際琉球・沖縄学会の件につき、お知らせとお願いを申し上げます。

 国際琉球・沖縄学会は、2006年9月にヴェネツィア大学で開催された第5回国際沖縄研究大会の席上で、私たち二人が基本的な構想を提案し、列席の皆様の賛同を得たことから設立へ向けて準備を始め、現在40名以上の会員からなる学会として活動しております。2006年の構想提案の後、設立に至るまでの経緯をご説明致します。ローザ・カーロリ氏よりメールにて「さらにゆとりをもった形態へ」というご意見を、また、勝方=稲福 恵子氏と東京で話し合う機会があり、その際にも同様の意見を頂戴致しました。そして、外間守善先生、コウジ・タイラ先生より、本学会の顧問就任をご快諾頂けるとの、大変好意的なお手紙を賜りました。その他の方々からは特にご意見やご提案を頂いていないことから、私たち二人の提案にご賛同頂けたものとし、カーロリ氏と勝方氏のご意見を取り入れたうえで、そこから設立へ向けて動き始めました。おかげさまで、この企画に賛同して会員になって頂いた方々が現在では11の国と地域から40名をこえる学会となっております。なお、ヴェネツィアの学会で本学会設立に賛同して下さった各地域の代表の方々に、次の学会開催まで暫定ながら世話人になって頂きました。

 今後ともご支援下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

 また、意見交換の場として、是非IAROS(国際琉球・沖縄学会)のウェブサイトを活用して頂ければ幸いです。URLは、http://www.iaros.org/ です。本学会についての情報のみならず、さまざまな学会や研究会、イベントなどについても情報を掲載しております。皆様からのニュースやご連絡等をお待ちしております。  末筆ながら、皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

  謹白

追伸:下記の国際日本学研究所を一時期の連絡事務所に致します。

 

法政大学国際日本学研究所
ヨーゼフ・クライナー 気付け
〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-3九段校舎別館3階
TEL:03-3264-4248 FAX:03-3264-9884
E-mail:josef.kreiner.68[@]i.hosei.ac.jp

Josef Kreiner
Hosei University, Institute of International Japan-Studies
3-2-3, Kudankita, Chiyoda-ku, Tokyo, JAPAN 102-0073
TEL:+81-3-3264-4248  FAX:+81-3-3264-9884
E-mail: josef.kreiner.68[@]i.hosei.ac.jp

国際琉球・沖縄学会会則

(Ⅰ)名称 国際琉球・沖縄学会 International Association of Ryūkyūan and Okinawan Studies [IAROS]
(Ⅱ)目的 沖縄の国際研究を推進する。
(一)組織 本学会の組織は以下の通りとする。
      (1)総会 会員全員で構成される。
      (2)理事会 会長、事務局長、会計(理事会役員が兼任)と、他7名で構成される。
      (3)理事の任期は四年とする。再選は1度に限る。
      (4)本学会活動に貢献した者を、理事会の審議を経て、総会において名誉会員に推薦する。
      (5)理事会は顧問を議定することができる。
(二)総会 (1)総会は四年に一度、開催する。
      (2)総会では以下のことを議定する。
         a.定款の改正
         b.理事会メンバーの任命及び解任
       c.年会費
       d.理事会の推薦する名誉会員及び顧問の指名
       e.その他
    (3)総会の議題は無記名投票の過半数で議決される。なお、定款の改正及び解散は、有効投票数          
       の三分の二以上を必要とする。
(三)年間費 一般会費 5,000円、学生 2,500円、賛助会費 10,000円
(四)予算年度 当該年度の四月一日から、翌年度三月三十一日までとする。
(五)事務局は開催場所の受け入れ部局とする。


 準備委員会・世話人(2009年12月20日現在)

     地域            代表                
     沖縄            波照間 永吉
     日本内地          勝方=稲福 恵子
                   清成 忠男
     中国            謝 必震(2009年から)
     韓国            全 京秀(チュン・キュングーソウ)(2009年から)
     アメリカ          Gregory Smits(G.スミツ)
     オーストラリア       Hugh Clarke(H.クラーク)
     ヨーロッパ         Rosa Caroli(R.カーロリ)
     顧問            外間 守善
                   Koji Taira(K.タイラ)
     発案者           住谷 一彦
                   Josef Kreiner(J.クライナー)

Announcement Concerning the International Association of Ryukyuan/Okinawan Studies

As for the International Association of Ryukyuan/Okinawan Studies, while attending the International Conference on Okinawan Studies in Venice , September 2006, we proposed the basic idea, which those in attendance approved. Afterward, Rosa Caroli sent a message suggesting an informal organization, and in a conversation with Katsukata (Inafuku) Keiko in Tokyo she expressed the same view. We were especially delighted to hear that Professor Hokama Shuzen agreed to become an advisor to our organization and now present this letter.
Because nobody else has made any proposals, we ask those of you who agree with our proposal to contact Professors Caroli or Katsukata with your views. Then we will proceed with implementation.
Moreover, those selected at the Venice conference as the representatives of each region will tentatively serve as organizers for the next conference.
Please use the IAROS web site as a venue for exchanging ideas.
Wishing all of you health and prosperity.
J. Kreiner
Sumiya Kazukiko

P.S. You can contact us at as follows:

法政大学国際日本学研究所
ヨーゼフ・クライナー 気付け
〒102-0073  東京都千代田区九段北3-2-3九 段校舎別館 3階
TEL:03-3264-9682 FAX:03-3264-9884
E-mail: josef.kreiner.68[@]i.hosei.ac.jp
Josef Kreiner
Hosei University, Institute of International Japan-Studies
3-2-3, Kudankita, Chiyoda-ku, Tokyo, JAPAN 102-0073
TEL:+81-3-3264-9682 FAX:+81-3-3264-9884
E-mail: josef.kreiner.68[@]i.hosei.ac.jp

Planning Committee (as of June 30, 2008)

Regions: the regional representatives
Okinawa: Hateruma Nagayoshi
Japanese Mainland: Katsukata (Inafuku) Keiko, Kiyonari Tadao
China: Xie, Bi-zen (2009-)
Korea: Chun, Kyung-soo (2009-)
America: Gregory Smits
Australia: Hugh Clarke
Europe: Rosa Caroli
Advisors: Koji Taira, Hokama Shuzen
Organizers: Sumiya Kazuhiko, Josef Kreiner

Bylaws of the International Association of Ryukyuan/Okinawan Studies

I. Name. Kokusai Ryūkyū/Okinawa Gakkai; International Association of Ryūkyūan and Okinawan Studies (IAROS)

II. Purpose. To promote international research on Okinawa
A. Organization. This academic association will be organized as follows:
1. The general membership is all members of the society.
2. The Administration consists of a president, office manager, a treasurer (also a member of the Administration), and seven others.
3. The term of service in the Administration is four years, which may be renewed once.
4. Those who have served this association may, after deliberation by the Administration, be recommended as honorary members.
5. The Administration may deliberate the protocol of advisors.
B. General Membership.
1. The general membership shall meet once every four years
2. The general membership is charged with deciding the following:
a. Revisions to the articles of incorporation
b. Appointment or dismissal of members of the Administration
c. Annual dues
d. Designating those recommended by the Administration as honorary members or advisors
e. Other matters
3. The protocol for the general membership shall be to decide matters on the basis of a majority of anonymous ballots. However, revision or elimination of articles of incorporation requires the vote of at least a two- thirds majority.
C. Annual dues. General membership is \5,000. Student dues are \2,500, and supporting dues are \10,000.
D. Fiscal year. The fiscal year begins on April 1 of each year and ends on March 31 the following year.
E. The administrative office is the agency for approving the venue for meetings.

事業報告書

2008年度事業報告書(PDF)

2009年度事業報告書(PDF)

 

会員リスト

2009年度現在(PDF)

 


© IAROS 2009