国際琉球・沖縄研究学会ホームページ
 
 
IAROS Okinawa/Ryukyu related publication infos/ IAROS 沖縄・琉球関連出版物案内集

 

お知らせ:復刻版『琉大文学』1953年〜1978年

April 5, 2014

『琉大文学』1953年〜1978年の復刻版が不二出版により注文できます。(カタログPDF

お知らせ:Richard Pearson (2013): Ancient Ryukyu

March 19, 2014

Pearson先生による琉球の考古学に関する単行本が出版されました。

お知らせ:「国際琉球沖縄論集」4(1)、2013

March 19, 2014

「国際琉球沖縄論集」4(1)、2013の目次です。

お知らせ:『冲繩文化』第48巻1号

March 19, 2014

『冲繩文化』第48巻1号の目次です。

お知らせ:『冲繩文化』第47巻2号

November 19, 2013

『冲繩文化』第47巻2号の目次です。

お知らせ:祝嶺恭子『ベルリン国立民族学博物館所蔵 琉球・沖縄染織資料調査報告書』

July 30, 2013

祝嶺恭子先生の『ベルリン国立民族学博物館所蔵 琉球・沖縄染織資料調査報告書』が発行されました。この報告書は非売品ですので、ご興味のある方は刊行した財団にお問い合わせ下さい。

お知らせ:島尾ミホ「海辺の生と死」中公文庫が2013年7月25日刊行

July 30, 2013

島尾ミホ「海辺の生と死」が中公文庫として2013年7月25日に刊行されました。

お知らせ:「沖繩文化」47巻1号

July 30, 2013

「沖繩文化」47巻1号の目次です。

お知らせ:「南島史学」79/80号、2013・3

May 26, 2013

「南島史学」79/80合併号、2013・3の目次です。

お知らせ:「国際琉球沖縄論集」第2号、2013

May 26, 2013

「国際琉球沖縄論集」第2号、2013の目次です。

お知らせ:「季刊・沖縄」第44号、2013冬・春

May 16, 2013

「季刊・沖縄」第44号、2013冬・春の目次

お知らせ:International Journal of Okinawan Studies, No. 3 (2), 2012

May 16, 2013

International Journal of Okinawan Studies (IJOS), No. 3 (2), 2012の目次です。

お知らせ:International Journal of Okinawan Studies, No. 3 (1), 2012

March 25, 2013

International Journal of Okinawan Studies (IJOS), No. 3 (1), 2012が刊行されました。
挨拶文編集者情報目次

お知らせ:ワセダアジアレビュー

March 21, 2013

ワセダアジアレビュー13号(2013」の目次です。

お知らせ:三つの出版物

November 26, 2012

最近刊行されました出版物に関する情報です。

「沖繩文化」第46巻2号、2012年11月の目次

「季刊・沖縄」第43号、2012夏・秋の目次

「法政大学沖縄文化研究所所報」第71号の目次

ヨーゼフ・クライナー著「世界の沖縄学: 沖縄研究50年の歩み」の書評(沖縄タイムス2012年11月24日)

お知らせ:三つの出版物

October 4, 2012

最近刊行されました三つの出版物に関する情報です。

『沖縄文学の諸相』戦後文学・方言詩・戯曲・琉歌・短歌 仲程昌徳著 ボーダーインク2100円
琉球新報のサイトに書評もあります。

『琉球の成立—移住と交易の歴史—』、南方新社 吉成 直樹 著

『海の狩人 沖縄漁民—糸満ウミンチュの歴史と生活誌 (叢書・沖縄を知る) 』加藤 久子 (著), 法政大学沖縄文化研究所 (監修)

お知らせ:沖縄文化46/1の創刊について

July 23, 2012

雑誌「沖縄文化」46/1が刊行されましたので、目次をアップロードしました。

お知らせ:国際沖縄研究所「国際琉球沖縄論集」の創刊について

May 9, 2012

国際沖縄研究所「国際琉球沖縄論集」の創刊号が刊行されました。目次などは、こちらを参照願います

お知らせ:『久高島方言基礎語彙辞典』(福治友邦・加治工真市著)

April 23, 2012

法政大学沖縄文化研究所「琉球の方言」特別号として、『久高島方言基礎語彙辞典』(福治友邦・加治工真市著)が出版されました。

お知らせ:松本泰丈・田畑千秋 共編『奄美語研究ノート.内容類型学からみた奄美諸方言』

April 9, 2012

IAROSの会員である田畑千秋さんによる編集です。

お知らせ:IIOS International Journal of Okinawan Studies (Vol. 2, No. 2) Dec. 2011, TOC

April 9, 2012

Table of Contents

Info: First Issue of Crossroads accessible without restrictions in HTML format

January 13, 2012

(a post by A.Schottenhammer via J.Kreiner)

Dear colleagues and friends,

finally, with a slight delay, the complete first issue of our journal with all contributions is accessible without restrictions in HTML format from the archive of our Crossroads-website (see http://www.eacrh.net/ojs/index.php/crossroads/issue/archive).

In addition, I would like to inform you that we will also start to accept book reviews this year. conference reports and other news related to the field of the history of East Asia’s exchange relations are always welcome. I hope you enjoy our journal and will be interested to contribute with an article in the future.

Crossroads - Studies on the History of Exchange Relations in the East Asian World (縱横 - 東亞世界交流史研究/クロスロード - 東アジア世界の交流史研究 / 크로스로드 - 東아시아 世界의 交流史 研究) is designed as an international forum for contributions related to the history of exchange relations in the East Asian world.

Kind regards and best wishes for the new year 2012, which will hopefully become a very successful Chinese “Year of the Dragon”, Angela Schottenhammer

-- Crossroads – Studies on the History of Exchange Relations in the East Asian World http://www.eacrh.net/ojs Editor: Prof. Dr. Angela Schottenhammer, editor[AT]eacrh.net Technical Support: Deike Zimmann, admin[AT]eacrh.net Publisher: crossroads[AT]ostasien-verlag.de

Info: “Doin' Our Thing”: Identity and Colonial Modernity in Okinawan Rock Music

December 4, 2011

(crosspost from EASIANTH ML)

Dear Friends (with apologies for cross-listing)

Please note that my paper “Doin' Our Thing”: Identity and Colonial Modernity in Okinawan Rock Music, which appears in the journal Popular Music and Society, Vol. 34, No. 5, 01 Dec 2011, (Pages: 593-620) is now available online: http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/03007766.2010.537218

Here’s the Abstract:
Using Japanese-language texts and fieldwork interviews, this paper discusses Okinawan musicians who played rock music in Koza, Okinawa, in bars and clubs catering to American soldiers during the period of the American military occupation of Okinawa, especially during the Vietnam War years from the late 1960s to the mid-1970s. I argue that these musicians' musical practices and identities must be understood as constructed under conditions of colonial modernity and as involving the articulations of cultural appropriation and authenticity within the context of Okinawa as a culture contact zone.

James E. Roberson, Ph.D.
Professor of Cultural Anthropology
Tokyo Jogakkan College

お知らせ:季刊「沖縄」41号2011年夏・秋

October 30, 2011

季刊「沖縄」41号2011年夏・秋が刊行されました。目次などはこちらのPDFを参照願います。

お知らせ:IIOS International Journal of Okinawan Studies (Vol. 2, No. 1) Dec. 2011, TOC

October 15, 2011

Table of Contents

お知らせ:オンライン雑誌Crossroads第三巻

August 19, 2011

Dear colleagues,

last december the first issue (vol. 1/2) of our online journal “Crossroads – Studies on the History of Exchange Relations in the East Asian World” has been published ( http://www.eacrh.net/ojs).
Crossroads - Studies on the History of Exchange Relations in the East Asian World (縱横 - 東亞世界交流史研究/クロスロード - 東アジア世界の交流史研究 / 크로스로드 - 東아시아 世界의 交流史 研究) is designed as an international forum for contributions related to the history of exchange relations in the East Asian world.
The third issue has been completed already in June and has now finally gone online due to some minor technical issues. We apologize for the slight delay! In the future, the issues should be online on schedule by April and October every year.

Vol. no. 3 - Table of Contents
Imaging the Ceramic Landscape of Premodern Japan
Barbara SEYOCK
Appendix to Angela Schottenhammer, “Brokers and ‘Guild’ (huiguan 會館) Organizations in China’s Maritime Trade with her Eastern Neighbours during the Ming and Qing Dynasties”, Crossroads 1/2 (2010), 99–150.
Angela SCHOTTENHAMMER
The Global Economy and the Sulu Zone: Connections, Commodities and Culture
James WARREN

We are now preparing vol. 4 (2011) for the fall edition that will appear in October this year.Manuscripts for future editions can be sent in any time.
Sincerely, Angela Schottenhammer

お知らせ:沖縄国際大学南島文化研究所(編) 『八重山の地域性 (南島文化研究所叢書 (1))』

July 16, 2011

沖縄国際大学南島文化研究所(編) 『八重山の地域性 (南島文化研究所叢書 (1))』編集工房東洋企画、2006年.

お知らせ:須藤義人 『マレビト芸能の発生-琉球と熊野を結ぶ神々 』

July 16, 2011

須藤義人 『マレビト芸能の発生-琉球と熊野を結ぶ神々 』芙蓉書房出版、2011年.

お知らせ:清成忠男 『沖縄における地域活性化の可能性』(DVD)

July 16, 2011

清成忠男 『沖縄における地域活性化の可能性』沖縄大学地域研究所(DVD).

お知らせ:沖縄国際大学南島文化研究所 (編)『韓国・済州島と沖縄 (南島文化研究所叢書)』

July 16, 2011

沖縄国際大学南島文化研究所 (編)『韓国・済州島と沖縄 (南島文化研究所叢書)』東洋企画印刷、2009年.

お知らせ:牧野浩隆 『バランスある解決を求めて-沖縄振興と基地問題』

July 16, 2011

牧野浩隆 『バランスある解決を求めて-沖縄振興と基地問題』分進印刷、2010年.

お知らせ:沖縄大学地域研究所 (編) 『薩摩藩の奄美琉球侵攻四百年再考 (沖縄大学地域研究所叢書) 』

July 5, 2011

沖縄大学地域研究所 (編) 『薩摩藩の奄美琉球侵攻四百年再考 (沖縄大学地域研究所叢書) 』芙蓉書房出版、2011年.

お知らせ:高橋泉『沖縄宮古島地下民俗誌 1974-1976』

July 5, 2011

高橋泉『沖縄宮古島地下民俗誌 1974-1976』まほろば書房、2011年.

お知らせ:冊封琉球使録集成(全11巻)

May 27, 2011

「冊封琉球使録集成(全11巻)」が刊行されました。詳細は、以下の画像をクリックしていただき、参照ねがいます。

お知らせ:奄美諸島の諺辞典

May 27, 2011

「奄美諸島の諺辞典」が刊行されました。詳細は、以下の画像をクリックしていただき、参照ねがいます。

お知らせ:季刊「沖縄」第40号

May 9, 2011

季刊「沖縄」第40号(2011年冬・春)が刊行されました。第32回「沖縄研究奨励賞」の受賞者に関する情報と共に、掲載します。

お知らせ:山口先生ご著書紹介

April 25, 2011

IAROS会員の山口栄鉄先生は、國學院大学より博士号を授与されました。
心よりお祝い申し上げます。
山口先生のご研究の成果がご著書にまとめられておりますので、ご紹介致します。

お知らせ:沖縄文学の諸相、竹富方言辞典

March 13, 2011

出版物のお知らせです。

お知らせ:二冊の書評

February 17, 2011

2月13日付けの朝日新聞に、沖縄戦と戦後に関する二冊の書評がありましたので、転載しました。

お知らせ:『Crossroads – Studies on the History of Exchange Relations in the East Asian World』

February 3, 2011

Ghent大学のショッテンハンマー先生より無料で観覧できますオンライン雑誌『Crossroads – Studies on the History of Exchange Relations in the East Asian World』の創刊のお便りを頂きました。目次はこちらにてご覧になれます。

Dear colleagues,
last december the first issue (vol. 1/2) of our online journal “Crossroads – Studies on the History of Exchange Relations in the East Asian World” has been published (see http://www.eacrh.net/ojs). In addition to my general introduction to the journal all abstracts (in English, Chinese, Japanese and Korean) are freely accessible for download.
As the editor in chief of the journal I would kindly like to take this opportunity to encourage all of you as well as colleagues to submit articles that fit into our focus of research. We particularly like to encourage also young scholars with hitherto little experience in publication to contribute to the journal. Potential authors will be provided with access and password to submit their articles directly to the system.
As announced in my introduction, we are also preparing an online blog that is aimed at serving as a discussion forum for work in progress and that should provide students and scholars world-wide to discuss their research with other scholars prior to publication. We will keep you informed and you will receive another notice once the online discussion forum will have been initiated.
Sincerely, Angela Schottenhammer

TOC

お知らせ:『国際沖縄研究』の創刊および投稿規則

January 27, 2011

琉球大学国際沖縄文化研究所の『国際沖縄研究』の創刊が発行されました。目次や投稿の詳細は以下のファイルを参照願います。なお、同研究所のサイトにあります情報も参照願います。

Publication info:"Ecopsychology of Border Islands of Okinawa" by Tatsuhiro Nakajima

January 27, 2011

A new book on the "Ecopsychology of Border Islands of Okinawa" has recently been published by Tatsuhiro Nakajima. Please click the image below for details.

刊行物のお知らせ:『南島史学』75・76合併号の発行

January 27, 2011

『南島史学』75・76合併号が発行されました。

刊行物のお知らせ:『沖繩文化』44巻2号、玉城政美先生追悼号

December 16, 2010

『沖繩文化』44巻2号、玉城政美先生追悼号が刊行されました。表紙や目次はこちらにて参照できます

お知らせ:ベルウェアー先生の出版物

September 24, 2010

ベルウェアー先生が最近、昭和はじめにアゲノウェル先生が沖縄を歩いた調査ノートを出版致しました。とても貴重な資料ですのでご紹介致します。

刊行物のお知らせ:ヨーゼフ・クライナー、吉成直樹 (編) 『古代末期・日本の境界』

June 18, 2010

ヨーゼフ・クライナー、吉成直樹 (編) 『古代末期・日本の境界』が刊行されました。表紙や目次はこちらにて参照できます

刊行物のお知らせ:勝方=稲福恵子、前嵩西一馬 (編) 『沖縄学入門―空腹の作法』

May 17, 2010

勝方=稲福恵子、前嵩西一馬 (編) 『沖縄学入門―空腹の作法』が刊行されました。目次や内容の一部はこちらにて参照できます

刊行物のお知らせ:著『アジアの海の古琉球―東南アジア・朝鮮・中国』

May 17, 2010

内田晶子、高瀬恭子、池谷望子が著者である『アジアの海の古琉球―東南アジア・朝鮮・中国』が出版されました。リュ旧新報による書評も参考にどうぞ。

刊行物のお知らせ:砂子屋書房の沖縄関連刊行物

May 17, 2010

歌集・詩集を中心に出版物を手がけている砂子屋書房は、沖縄関連の本もいくつか揃えています。詳しくは、以下の画像を参照願います。

刊行物のお知らせ:仲程昌徳著『沖縄文学の諸相―戦後文学・方言詩・戯曲・琉歌・短歌』

May 17, 2010

法政大学沖縄文化研究所の監修のもと、上記の出版物が刊行されました。詳しくは、同研究所のホームページを参照願います。

刊行物のお知らせ:『沖縄文化研究』第36号

May 17, 2010

雑誌『沖縄文化研究』の第36号が刊行されましたのでお知らせいたします。目次は、こちらを参照願います。

刊行物のお知らせ:移民研究

May 17, 2010

雑誌「移民研究」第6号が刊行されました。第6号は、沖縄に関する論文が多く含まれています。

刊行物のお知らせ:IJOS

May 17, 2010

以前、お知らせしました琉球大学国際沖縄研究所(IIOS)より、機関誌「International Journal of Okinawan Studies」(IJOS)のお知らせです。尚、IIOSの2009年度所報も送られてきました。

刊行物のお知らせ:季刊「沖縄」

May 17, 2010

雑誌、季刊「沖縄」2010年冬・春、38号が発刊されました。詳しくは、以下の画像をクリック願います。

The Ryūkyūanist81−82号発行のお知らせ

June 15, 2009

Kōji Taira先生が長年出版されてきました雑誌「The Ryūkyūanist」の81-82号が発行されました。
OPN-LA(www.uchinanchu.org)のサイトにて観覧できます

出版物及びシリーズの紹介:East Asian Maritime History

May 17, 2009

München大学のAngela Schottenhammer教授を中心に、東アジアの海洋史に関するシリーズ(East Asian Maritime History)が近年、編纂されてきましたが、昨年、以下の学会発表を編集したものが出版されました。
Angela Schottenhammer (ed.) : The East Asian Mediterranean – Crossroads of Knowledge, Commerce, and Human Migration. Wiesbaden: Otto Harrassowitz 2008. Conference proceedings.(目次序論
シリーズに関する詳しい情報はこちらにあります。

出版物のご案内:Studies of Medieval Ryukyu within Asia’s Maritime Network

May 17, 2009

既に、昨年8月に東方学会により出版されましたActa Asiatica95号のご案内です。
Acta Asiatica, Vol. 95: Studies of Medieval dRyūkyū within Asia’s Maritime Network . Tokyo: The Tōhō Gakkai.
MURAI Shosuke (村井章介): Introduction
YAMAMOTO Masaaki (山本正昭): The Gusuku period in the Okinawa Islands
KAMEI Meitoku (亀井明德): Changes in the ceramic trade and its modus operandi in Old Ryukyu
OKAMOTO Hiromichi (岡本弘道): Foreign policy and maritime trade in the early Ming 明 period: Focusing on the Ryukyu kingdom
UEZATO Takashi (上里隆史): The formation of the port city of Naha 那覇 in Ryukyu and the world of maritime Asia: From the perspective of Japanese network
ITO Koji (伊藤幸司): Japan and Ryukyu during the fifteenth and sixteenth centuries

論文紹介

April 22, 2009

IAROS会員の川畑恵さんは、次の論文を発表しています。
『琉球処分研究を振り返る─1950年代~70年代を中心に─』
(共同研究 南島における民族と宗教『沖縄研究ノート』18、宮城学院女子大学キリスト教文化研究所、2009年3月25日)

 

出版物のご案内:Okinawa; the Rise of an Island Kingdom

カナダ・ヴァンクーヴァーのリチャード・ピアソン先生から考古学関係の出版物の案内がありました。
詳細は以下の通りです。

Pearson, Richard (ed.) (2009): Okinawa; the Rise of an Island Kingdom. Archaeological and Cultural Perspectives. Proceedings of a Symposium, Kingdom of the Coral Seas, November 17, 2007, at the School of Oriental and African Studies, University of London. Oxford: British Archaeological Reports.

ISBN: 978 1 4073 0380 2

目次

Foreword ii
Simon Kaner
Preface v
Richard Pearson
Archaeology of the Ryukyu Islands: Major Themes. 1
Shijun Asato
Okinawa’s Earliest Inhabitants and Life on the Coral Islands. 5
Hiroto Takamiya
Shell Exchange in the Ryukyu Islands and in East Asia. 13
Naoko Kinoshita
Kamuiyaki and Early Trade in the Ryukyu Islands. 41
Akito Shinzato
The Emergence of Ryukyu Royal Authority and Urasoe. 57
Susumu Asato
The Significance of Chinese Trade Ceramics from Ryukyu: 63
Focusing on Yuan Dynasty Blue and White Porcelain.
Meitoku Kamei
The Architectural Landscape of the Kingdom of Ko Ryukyu. 71
Takashi Uezato
The Kingdom of Ryukyu: Culture, Politics, Mentality. 81
Arne Røkkum
Appendix 1. Recent Discoveries on Kikai Island. 95
Richard Pearson
Appendix 2. Archaeology of Sakishima. 97
Richard Pearson
Appendix 3. Useful Reference Materials for Ryukyu Archaeology. 101
Richard Pearson
Appendix 4. The Successive Rulers of Chuzan (Ryukyu). 102
Richard Pearson

クライナー先生の出版物に関わる案内Click to enlarge

ヨーゼフ・クライナー先生の最近の琉球/沖縄関連の出版物に関するご案内です。

Josef Kreiner (ed.) (1996): Sources of Ryūkyūan History and Culture in European Collections. München: iudicium.
ISBN: 9783891294932
目次: http://www.iaros.org/files4DL/SOURCESDIJ-Mono6und13.pdf

Josef Kreiner (ed.) (2001): Ryūkyū in World History. (= JapanArchiv. Schriftenreihe der Forschungsstelle Modernes Japan, Band 5, 1) .Bonn: Bier’sche Verlagsanstalt.
ISBN: 3980617971
表紙: http://www.iaros.org/files4DL/IAROSII_1.pdf
目次: http://www.iaros.org/files4DL/IAROSII_2.pdf

Josef Kreiner (ed.) (2005): Japanese Collections in European Museums. (= JapanArchiv. Schriftenreihe der Forschungsstelle Modernes Japan, Band 2) Bonn: Bier’sche Verlagsanstalt.
ISBN: 3936366063
表紙: http://www.iaros.org/files4DL/HyoshiIAROSI.pdf
その中からの論文:
Josef Kreiner (2005):European Collections from Ryūkyū/Okinawa. In: Josef Kreiner (ed.): Japanese Collections in European Museums. (= JapanArchiv. Schriftenreihe der Forschungsstelle Modernes Japan, Band 2) Bonn: Bier’sche Verlagsanstalt. pp. 117–127.
http://www.iaros.org/files4DL/RonbunIAROSI.pdf

Josef Kreiner (ed.) (2006): Japaneseness versus Ryūkyūanism papers read at the Fourth International Conference on Okinawan Studies, Bonn Venue, March 2002. Bonn: Bier’sche Verlagsanstalt.
ISBN: 9783936366198, 3936366195
表紙&目次: http://www.iaros.org/files4DL/IAROSIII.pdf

 

 

 

 
© IAROS 2009