国際琉球・沖縄研究学会ホームページ

 
 
IAROS News

Old news click here 過去のニュースはこちら

お知らせ:シンポジウム「沖縄の問いにどう応えるか — 北東アジアの平和と普天間・辺野古問題」

April 11, 2014

4月26日(土)に シンポジウム「沖縄の問いにどう応えるか — 北東アジアの平和と普天間・辺野古問題」が開催されます。 講演者は、大江健三郎氏、我部政明氏、ガバン・マコーマック氏を予定されています。

お知らせ:2014年度法政大学沖縄文化研究所総合講座「沖縄を考える」について

April 11, 2014

2014年度法政大学沖縄文化研究所総合講座「沖縄を考える」の日程を頂きました。

お知らせ:熊本日日新聞の奄美における砂糖産業とTPPに関する記事

March 3, 2014

熊本日日新聞の奄美における砂糖産業とTPPに関する2014年2月12日の記事です。

IAROSからのお知らせ

February 3, 2014

謹啓 中冬の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度は、国際・琉球沖縄学会の件についてお知らせがあり、ご連絡致します。

会の発起人である清成先生、住谷先生、私が高齢となってきたため、若い方々で、かつ沖縄の方々に事務局をお願いしなければならないと考え、実は、一昨年より、清成先生と沖縄にうかがい、沖縄の研究機関の先生方とご相談を重ねて参りました。その結果、このお話を始めた当時に沖縄大学地域研究所の所長でいらした緒方修先生に事務局をお引き受け頂くということで意見が一致し、何度か打ち合わせを持ち、今年の1月8日にも上京して頂き、清成先生、私と最終的な打ち合わせと引き継ぎ等を行いました。緒方先生は現在、NPO法人アジアクラブの理事長をお務めですが、事務局の仕事を好意的にご承引下さいました。事務局の運営について、東京でのサポートは、早稲田大学の戸崎肇先生にお願い致しました。

事務局の移管のことがあり、一昨年より国際琉球・沖縄学会の事業はあまり行うことができなかったため、会費の請求もしてきませんでした。会としての事業について、緒方先生には様々なお考えがあり、4月以降にプログラムを作りたいとのことです。また、ホームページの充実に力を入れたいとのことです。ホームページについては、引き続きウィーン大学のヨハネス・ウィルヘルム先生にご協力を頂けることになっております。

現在の会員リストと、2011年度以降の事業報告を添付致します。会費の振込口座の名義と住所変更は私と緒方先生とで手続きを致します。変更が終わり次第、緒方先生からご連絡があることと存じます。

琉球・沖縄に関する研究者の何らかの組織化について、故外間守善先生は二つの理念をお持ちでした。一つは、沖縄が現在かかえている様々な問題を解決するにあたっては、全世界の友人を糾合しなければならないということ、もう一つは、世界の様々な国々で沖縄研究に従事する者は孤立化の傾向にあり、そのための拠点を創らなければならないということです。そのために外間先生は6回にわたって沖縄研究シンポジウムを組織されましたが、ベニス大学での開催時でこれ以上の継続はできないということで、清成先生、住谷先生らとこの国際琉球・沖縄学会を立ち上げた次第です。

これまでの国際琉球・沖縄学会の運営に対しまして、ご協力とご支援を頂いて参りましたことを心より感謝申し上げます。
また、今まで同様に是非とも国際琉球・沖縄学会に対するご協力とご支援をお願い申し上げます。

謹白
平成26年1月21日
クライナー・ヨーゼフ
国際琉球・沖縄学会 会員 各位

お知らせ:公開シンポジウム「琉球列島の自然・文化・環境」

November 19, 2013

上記シンポジウムのチラシをPDFとしてこちらにアップロードいたしました。

お知らせ:平成25年度第94回冲縄文化協会総会・研究発表会、第35回「冲縄文化協会賞」授賞式のご案内

November 19, 2013

平成25年度第94回冲縄文化協会総会・研究発表会、第35回「冲縄文化協会賞」授賞式のご案内をこちらでご覧になれます。

お知らせ:2013年度法政大学沖縄文化研究所総合講座「沖縄を考える」について

September 27, 2013

2013年度法政大学沖縄文化研究所総合講座「沖縄を考える」の日程を頂きました。

お知らせ:島尾敏雄写真展『僕がいて、妻がいて』(8月7日〜11月18日)

July 29, 2013

島尾敏雄の写真展『僕がいて、妻がいて』が8月7日〜11月18日、かごしま近代文学館常設展示室2階にて開催されます。詳細は以下のフライヤーを参照願います。

お知らせ:沖縄文化協会2013年度公開研究発表会

July 5, 2013

沖縄文化協会2013年度公開研究発表会(7月14日、会場:沖縄県立芸術大学第1キャンパス)のスケジュールと発表者が公開されました。詳細は沖縄文化協会のホームページ及び、こちらのPDFを参照願います。

お知らせ:我部政明先生がお書きになった、最近の沖縄研究書籍の書評

July 5, 2013

国際・琉球沖縄学会の会員で、琉球大学教授の我部政明先生がお書きになった、最近の沖縄研究書籍の書評です。

お知らせ:第 36 回南島文化地域学習「伊平屋村の自然と文化」参加者募集

June 16, 2013

沖縄国際大学総合研究機構が主催する上記地域学習ツァーが開催されます。詳細はこちらのPDFを参照願います。

お知らせ:2013年4月30日の朝日新聞記事

May 16, 2013

2013年4月30日の朝日新聞に以下の記事がありました。

お知らせ:第8回沖縄国際学術会議の開催日程

May 16, 2013

以下の通り、第8回沖縄国際学術会議の開催に関する情報を頂きました。

第8回沖縄国際学術会議プログラム
題目: 黒潮文化の再発見
日時: 2013年6月5日(水) 午前 9時30分 – 午後6時
場所: ソウル大学アジア研究所101棟230号
主催: ソウル大学人類学科

細部日程
09:30-09:50 参加者登録
09:50-10:00 開會辭
全京秀(琉球・沖縄学会長)

第1部 司会: 鄭根植(ソウル大学社会学科教授)
10:00-10:30 第1発表及び討論
全京秀(ソウル大学人類学科教授)
     : '<三國遺事> 王曆 第四 脫解尼師今'條に記載された'塑像'に対する再検討 - 複葬制の文化伝統
10:30-11:10 第2発表及び討論
山本宗立(鹿児島大学国際島嶼教育研究センター教授)
     :唐辛子から見る黒潮文化
11:10-11:50 第3発表及び討論
       山本雅史(鹿児島大学農学部教授)
     :黒潮がもたらしたカンキツの多様性
11:50-12:30 第4発表及び討論
Cynthia N. Zayas(Professor and Director, Center for International Studies,                         University of the Philippines)
: Memories of stone tidal weirs as seascapes along the Pacific Islands
12:30-13:30 昼食

第2部 司会: 洪錫俊(韓国東南アジア研究所長)
13:30-14:00 第5発表及び討論
      カンチャンファ(済州考古学研究所)・ ヤンナレ(済州考古学研究所研究員)
      :済州島貝塚の魚介類遺物に関する研究
14:00-14:30 第6発表及び討論
鄭仁盛(嶺南大学文化人類学科教授)
  :樂浪郡設置以前の沖縄と韓半島の交流
14:30-15:00 第7発表及び討論
       鄭成一(光州女子大学教授)
    :漂流民の船積物から見た異国ㆍ異域の「物」認識
15:00-15:10 休息

第3部 司会: 安勝澤(地域文化研究所研究委員)
15:10-15:40 第8発表及び討論
      李宗憲(韓国漆研究所所長)
     :琉球の螺鈿漆器から見る韓国近代史の一段面
15:40-16:20 第9発表及び討論
 渡久地健(琉球大学法文学部教授)
:正保国絵図にみる奄美・沖縄のサンゴ礁と港
16:20-16:50 第10発表及び討論
   陳泌秀(ソウル大学日本研究所HK研究教授)
   : 東アジアにおける来訪神信仰及び儀礼の分布状況
16:50-17:00 休息

17:00-18:00 総合討論
司会: 崔仁宅(東亜大学日本学科教授)

18:30-20:00 晩餐会

The 8th International Conference of
the Ryukyuan・Okinawan Studies

Title: Reinventing Kuroshio Culture
Date: 9:30 a.m. – 6:00 p.m., June 5(Wed.), 2013
Venue: Room 230, Bldg. 101, Asia Center, Seoul National University
Host: Department of Anthropology, Seoul National University

Program
09:30-09:50 Registration
09:50-10:00 Opening Remarks: CHUN Kyung-soo(President, Association of Ryukyuan•Okinawan Studies)

<Session1> Moderator: JUNG Keun-sik(Prof., Department of Sociology, Seoul National Univ.)
10:00-10:30 CHUN Kyung-soo(Prof., Dept. of Anthropology, Seoul National Univ.)
: Reconsideration of the Documents concerning Talhae’s “Bone Statues” in
Memorabilia of the Three Kingdoms
10:30-11:10 YAMAMOTO Sota(Prof., Research Center for the Pacific Islands, Kagoshima Univ.)
: Kuroshio Culture through the Peppers
11:10-11:50 YAMAMOTO Masashi(Prof., Faculty of Agriculture, Kagoshima Univ.)
: Diversity of Citrus encountered within the circle of Kuroshio
11:50-12:30 Cynthia N. ZAYAS(Prof. & Director, Center of International Studies, Univ. of the Philippines): Memories of Stone Tidal Weirs as Seascapes along the Pacific Islands
12:30-13:30 Lunch

<Session2> Moderator: HONG Seok-jun(Director, Korean Institute of Southeast Asian Studies)
13:30-14:00 KANG Chang-hwa(Director, Jeju Archaeology Institute)•Yang Na-rae(Researcher, Jeju Archaeology Institute)
: Research on Shellfish Artifacts in Jeju Shell Mounds
14:00-14:30 JUNG In-sung(Prof., Dept. of Cultural Anthropology, Yeungnam Univ.)
: Cultural Exchange of Okinawa and Korean peninsula before Establishment of Lorang
14:30-15:00 CHUNG Sung-il(Prof., Kwangju Women’s Univ.)
: Perception of External Objects in the Shipment of the Castaways
15:00-15:10 Break

<Session3> Moderator: AHN Seung-taik(Senior Researcher, Institute of Korean Local Culture)
15:10-15:40 LEE Jong-heon(Director, Korean Research Institute of Lacquer Painting)
: An Aspect of Korean Modern History through Ryukyu Lacquer Ware Inlaid with Mother-of-Pearl
15:40-16:20 TOGUCHI Ken(Prof., Faculty of the Law and Letters, Univ. of the Ryukyus)
: Coral Reefs and Ports of Ryukyu Islands described in Shoho-Kuniezu(17th Century Domain Maps)
16:20-16:50 JIN Pil-su(HK Research Prof., Institute for Japanese Studies, Seoul National Univ.)
: Distribution of the Belief and Ritual for Visitor Gods in East Asia
16:50-17:00 Break

17:00-18:00
General Discussion: Moderator, CHOI In-tag(Prof., Dept. of Japanese Studies, Donga Univ.)

18:30-20:00 Dinner Party

お知らせ:安里進先生の退官について

May 16, 2013

安里進先生より退官のお知らせをいただきました。詳細はこちらのPDFを参照願います。

お知らせ:第181回シマ研究会のご案内

April 29, 2013

【第181回シマ研究会】

テーマ:近世琉球における書跡の用印について
講師:稲福政斉(特別研究員)
日時:平成25年5月20日(月) 16:20~17:50
場所:沖縄国際大学13号館1階会議室

ビラはこちら

お知らせ:The 8th International Conference of the Ryukyuan・Okinawan Studies

April 29, 2013

Title: Reinventing Kuroshio Culture
Date: 9:30 a.m. – 6:00 p.m., June 5(Wed.), 2013
Venue: Room 230, Bldg. 101, Asia Center, Seoul National University
Host: Department of Anthropology, Seoul National University

Program
09:30-09:50 Registration
09:50-10:00 Opening Remarks: Hwang Ik-joo(Director, Department of Anthropology, Seoul National Univ.)

<Session1> Moderator: JUNG Keun-sik(Prof., Department of Sociology, Seoul National Univ.)
10:00-10:30 CHUN Kyung-soo(Prof., Dept. of Anthropology, Seoul National Univ.)
: Reconsideration of the Documents concerning Talhae’s “Bone Statues” in
Memorabilia of the Three Kingdoms
10:30-11:10 YAMAMOTO Sota(Prof., Research Center for the Pacific Islands, Kagoshima Univ.)
: Kuroshio Culture through the Peppers
11:10-11:50 YAMAMOTO Masashi(Prof., Faculty of Agriculture, Kagoshima Univ.)
: Diversity of Citrus encountered within the circle of Kuroshio
11:50-12:30 Cynthia N. ZAYAS(Prof. & Director, Center of International Studies, Univ. of the Philippines): Memories of Stone Tidal Weirs as Seascapes along the Pacific Islands
12:30-13:30 Lunch

<Session2> Moderator: HONG Seok-jun(Director, Korean Institute of Southeast Asian Studies)
13:30-14:00 KANG Chang-hwa(Director, Jeju Archaeology Institute)•Yang Na-Rae(Researcher, Jeju Archaeology Institute)
: Research on Shellfish Artifacts in Jeju Shell Mounds
14:00-14:30 JUNG In-sung(Prof., Dept. of Cultural Anthropology, Yeungnam Univ.)
: Cultural Exchange of Okinawa and Korean peninsula before Establishment of Lorang
14:30-15:00 CHUNG Sung-il(Prof., Kwangju Women’s Univ.)
: Perception of External Objects in the Shipment of the Castaways
15:00-15:10 Break

<Session3> Moderator: AHN Seung-taik(Senior Researcher, Institute of Korean Local Culture)
15:10-15:40 LEE Jong-heon(Director, Korean Research Institute of Lacquer Painting)
: An Aspect of Korean Modern History through Ryukyu Lacquer Ware Inlaid with Mother-of-Pearl
15:40-16:20 TOGUCHI Ken(Prof., Faculty of the Law and Letters, Univ. of the Ryukyus)
: Coral Reefs and Ports of Ryukyu Islands described in Shoho-Kuniezu(17th Century Domain Maps)
16:20-16:50 JIN Pil-su(HK Research Prof., Institute for Japanese Studies, Seoul National Univ.)
: Distribution of the Belief and Ritual for Visitor Gods in East Asia
16:50-17:00 Break

17:00-18:00
General Discussion: Moderator, CHOI In-tag(Prof., Dept. of Japanese Studies, Donga Univ.)

18:30-20:00 Dinner Party

お知らせ:東京八重山まつり

April 29, 2013

昨日「北とぴあ」で行われた「東京八重山まつり」についての報告です。 http://blog.goo.ne.jp/shigeta-nas

News:Professor Takara Kurayoshi appointed Vice-Governor of Okinawa Prefecture

April 29, 2013

Professor Takara Kurayoshi, the leading scholar in Okinawan history and one of the first members of IAROS, has retired from his position at the Ryukyu University end of March, and has been appointed Vice-Governor of Okinawa Prefecture.

お知らせ:2013年度沖縄文化研究所 総合講座のお知らせ

April 29, 2013

本年度の総合講座春学期の詳細が決定いたしましたので、
以下の通りお知らせいたします。


【2013年度沖縄文化研究所 総合講座】

日時 : 毎週金曜日 午後3時10分~午後4時40分
    (詳細は沖縄文化研究所ホームページ参照)
     http://www.hosei.ac.jp/fujimi/okiken/sougoukouza/sougou2013.html

会場 : 法政大学 市ヶ谷キャンパス 
     外濠校舎6階 さったホール

受講料・申し込み : 不要  
           どなたでもご参加いただけます。

お知らせ:「バジル・ホール来琉200周年記念」(2016年)の事業計画について

April 9, 2013

2013年4月6日の朝日新聞にアウエハント・静子さんに関する記事がありました。

お知らせ:「バジル・ホール来琉200周年記念」(2016年)の事業計画について

April 3, 2013

『Account of a Voyage of Discovery to the West Coast of Corea and the Great Loo-Choo Island in the Japan Sea』(ロンドン1818)という当時、ヨーロッパでベストセラーになった本の著者として知られているイギリス海軍大佐バジル・ホールの来琉200周年記念にむけての「記念実行期成会結成の趣旨と宣言」が届きました。詳細はこちらのPDFを参照願います。

お知らせ:韓国の<琉球・沖縄学会>からのお知らせ:第8回沖縄国際学術会議の開催

April 3, 2013

以下は、韓国の<琉球・沖縄学会>の情報です。

今年は韓国の国立海洋博物館の協力をいだたき、6月5日(水)釜山で、<黒潮文化の再構成>というタイトルで、第8回沖縄国際学術会議を開催する予定でございます。詳しいプログラムが確定される次第、改めて案内メールをお送りします。

お知らせ:韓国の<琉球・沖縄学会>からのお知らせ:沖縄に関する大衆用の書籍の発刊

April 3, 2013

以下は、韓国の<琉球・沖縄学会>の情報です。

本学会の会員である崔仁宅先生の提案で、韓国の大衆に沖縄のことを紹介する書籍を発刊する作業を始めようとしております。韓国の沖縄専門家らに連絡し、執筆陣を構成する段階でございます。これから海外の先生皆様にもご助言、あるいはご協力を求めるかもしれませんので、どうぞよろしくお願いします。

お知らせ:シンポジウム「川平朝申とその時代」(2013年3月30日)

March 27, 2013

2013年3月30日、沖縄県立芸術大学にて「川平朝申とその時代」と言うタイトルのシンポジウムが行われます。詳細はこちらのPDF又は以下の画像をクリックして頂きますとご覧になれます。

お知らせ:辺野古に関する朝日の社説

March 25, 2013

辺野古の埋め立て問題に関する2013年3月23日の朝日新聞の社説です。

お知らせ:「外間守善先生を偲ぶ会」のご案内

March 21, 2013

2013年2月1日に行われました「外間守善先生を偲ぶ会」のご案内です。(PDF

お知らせ:第17回窪徳忠琉中関係奨励賞受賞者のご案内

March 21, 2013

第17回窪徳忠琉中関係奨励賞受賞者のご案内です。(PDF

お知らせ:2013年3月8日の天声人語

March 21, 2013

朝日新聞でおなじみの天声人語(2013年3月8日)です。クリックすると拡大出来ます。

お知らせ:安里英子さんによる学会報告

November 27, 2012

以前、お伝えしました学会“40 years since reversion: Negotiating the Okinawan difference in Japan today”について、安里英子さんが日本語で報告を書かれました。

お知らせ:外間守善先生の追悼

November 21, 2012

IAROS会員のみなさま

外間守善先生が日本時間2012年11月20日(火)午前7時40分、 肺炎のため東京都内の病院でご永眠なさいました。

87歳でした。

告別式は東京都南荻窪3の31の23の願泉寺にて 11月25日(日)午後0時より執り行われます。 詳しくはこちらをご参照ください。(PDF1PDF2

外間先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

クライナー・ヨーゼフ

お知らせ:平成24年度第93回沖縄文化協会総会・研究発表会および第34回「沖縄文化協会賞」授賞式のご案内

November 19, 2012

2012年12月9日に平成24年度第93回沖縄文化協会総会・研究発表会および第34回「沖縄文化協会賞」授賞式が行われます。詳細はこちらのPDFを参照願います。

お知らせ:Joint Symposium: Okinawa and Hawai'i at a Crossroads of Island and Gender Studies

November 19, 2012

2012年11月24日と25日にかけて、上記のシンポジウムが琉球大学国際沖縄研究所にてひらかれます。詳細はこちらを御覧ください。

お知らせ:沖縄本土「復帰」40周年記念シンポジウム

November 19, 2012

2012年11月25日に沖縄本土「復帰」40周年記念シンポジウム「『復帰』40年、これからの40年」が行われます。詳細はこちらを御覧ください。

お知らせ:沖縄タイムスにおけるクライナー氏の連載

September 12, 2012

2012年10月3日・同4日の沖縄タイムスに、クライナー氏による沖縄学に関するエッセイが連載されました。

『「沖縄とは何か」を追究』2012年10月3日

『研究体制 国際レベルで』2012年10月4日

お知らせ:第41回南島史学会大会・総会のご案内

September 12, 2012

11月10日に開催されます第41回南島史学会の総会のご案内をアップロードいたしました。(PDF

お知らせ:シンポジウム「生き続ける琉球の村落—固有文化にみる沖縄の環境観と空間形成技術」

October 4, 2012

10月6日(土)、沖縄県立博物館・美術館(博物館講座室)上記のシンポジウムが行われます。詳細は以下の画像(クリックするとPDFが開きます)、または、こちらのリンクを参照願います。


お知らせ:沖縄文化協会研究発表会(東京)の発表者募集

October 4, 2012

沖縄文化協会研究発表会(東京)では、12月9日に行われる研究発表会の発表者を募集しています。詳細はこちらのPDFを参照願います。

Conference Info: “40 years since reversion: Negotiating the Okinawan difference in Japan today”

October 2, 2012

A conference will be held at Vienna University between November 1st to 3rd, 2012. For further information (conference program, registration form) please refer to the conference homepage at http://kenkyuu.eas.univie.ac.at/index.php?id=375

お知らせ:琉球舞踊 冠船流 秋のみやらび踊り 沖縄復帰40周年記念

September 30, 2012

2012年11月19日、渋谷区文化総合センタ大和田ホールにて 「秋のみやらび踊り」が開催されます。詳細はチラシをご覧になって下さい。

お知らせ:明治大学古代学研究所 研究会のお知らせ

September 30, 2012

明治大学古代学研究所・宮古島の神と森を考える会・宮古伝承文化研究センター主催による富山房インターナショナル・毎日新聞社後援 共同シンポジウム『宮古島の神とシャーマン』が来る10月27日に行われます。詳細はチラシ、または以下を参照願います。

2012年10月27日(土)

時間:10:00〜17:30(開場 09:30)
場所:明治大学駿河台校舎 アカデミーコモン9階309B教室

《申込不要・入場無料》
※開場の都合上、先着順となります。ご了承ください。

【基調講演】
 ○谷川健一(民俗学者・宮古島の神と森を考える会顧問)
  「神に追われて」

第一部 宮古島の祭祀とシャーマンの世界

 ○佐渡山安公(宮古島の神と森を考える会事務局長・宮古伝承文化研究センター所長)
  ビデオ報告

【シンポジウム】
「宮古島の神とシャーマンについて」

第二部 宮古島の祭祀と神歌の世界

【講演】
  ○居駒永幸(明治大学経営学部教授・宮古島の神と森を考える会会長)
  「宮古島の神と神を祭る歌」

【研究報告】
 ○内田順子(国立歴史民俗博物館准教授)
  「狩俣の祭祀と神歌ーその継承のために」

【宮古島神歌の世界】
 ○佐渡山安公
  ビデオ報告

【宮古島の神女たちによる神歌の実践】

お知らせ:近代の<日本意識>の成立への日本民俗学・民族学の貢献

September 24, 2012

法政大学国際日本学研究所 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成22年~平成26年)としての2012年度第2回研究会にて、沖縄関連の発表が四つほど行われます。詳しくは、PDFまたは以下を参照願います。

_________

近代の<日本意識>の成立-日本民俗学・民族学の貢献 2012年度第2回研究会
日時: 2012年10月12日(金)・10月13日(土)
会場: 法政大学九段校舎5階 第2会議室
司会: ヨーゼフ・クライナー (法政大学国際日本学研究所兼担所員・国際戦略機構特別教授)
◆ 10 月 12 日(金) 14 : 30 ~ 18 : 00
14:30~ 泉水 英計(神奈川大学経営学部准教授) 琉球列島学術調査(SIRI)、1951-1954 -米国人類学・歴史学と沖縄軍政
15:30~ 中生 勝美(桜美林大学人文学系教授) コメント
16:00~ 赤嶺 政信(琉球大学法文学部国際言語文化学科教授) 戦後沖縄における郷土研究の動向
17:00~ 近藤 健一郎(北海道大学大学院教育学研究院准教授) 1920~30年代の沖縄学の展開過程における 沖縄県教育会附設郷土博物館の設立
◆ 10 月 13 日(土) 10 : 00 ~ 15 : 00
10:00~ 佐々木 利和(北海道大学アイヌ・先住民研究センター特任教授) 帝室博物館と土俗展示 (休憩)
13:00~ 上江洲 均(名桜大学名誉教授、久米島博物館名誉館長) 戦後沖縄の博物館
申込方法 : 下記アドレスの申込専用フォームからお申込みください : https://www.hosei-web.jp/fm/10240.html
連絡先:法政大学国際日本学研究センター事務室
E-mail: nihon@hosei.ac.jp
TEL 03-3264-9682 FAX 03-3264-9884
http://hijas.hosei.ac.jp/

お知らせ:とまりんフェスタ2012 歴史文化講演会

September 12, 2012

とまりんフェスタ2012の一環として、9月21日に、琉球歴史・文化研究家として知られています山口栄鉄氏が「大琉球王国と海外諸国 ~那覇・泊界隈に残した異国人の足跡~」についてのによる講演を行います。詳細は、とまりんフェスタのホームページ、または、こちらのパンフレットを参照願います。

お知らせ:法政大沖文研2012年度総合講座「沖縄を考える」

September 12, 2012

法政大学沖縄文化研究所では、9月21日より引き続き、毎週水曜日に総合講座「沖縄を考える」が開催されます。詳細はこちらのホームページを参照願います。

お知らせ:第41回南島史学会について

September 4, 2012

第41回南島史学会を、今年の三月に御逝去されました喜舎場一隆会長の追悼記念大会として福岡の九州産業大学にて開催されます。詳細はこちらのPDFを参照願います。

お知らせ:沖縄文化協会2012年度公開研究発表会

July 7, 2012

沖縄文化協会2012年度公開研究発表会が7月15日に沖縄国際大学において開催されます。詳細は、こちらのPDFを参照願います。

お知らせ:企画展示「紅型 沖縄のいろとかたち」

June 13, 2012

本日(2012年6月13日)から7月22日までサントリー美術館にて「紅型 沖縄のいろとかたち」と題された企画展示が行われます。詳細は、こちらを参照願います。

 

 

 

 
 

Archived news
© IAROS 2009